うつ病は病院で治療しよう~悩み解消サポートセンター~

男性

辛いからこそ逃げて良い

カウンセリング

我慢する必要は無い

うつ病は自力で回復するという事は殆ど不可能であり出来るとしても時間がかかる為、回復したとしても今度は社会復帰に支障を及ぼすので専門の病院で早期に治療した方が今後の為ともなります。うつ病の治療が出来る病院は主に精神科が中心となりますが場合によっては心療内科も受診するケースがあるものの、一つ注意しなければ成らないのは自分に合わないと感じたら我慢する必要は無い事です。うつ病は言ってみれば心が疲れている状態であり人との対応さえもその要因となり兼ねず、それ故に受診した病院の環境や医者等に少しでも合わない面を感じたら変えても良いと考える様にします。この辺の理由は人によって様々ではありますが単に遠くて行き難いといった単純なものでも良く、とにかく自分が苦しいと感じる事をわざわざやらない様な考えも必要となるのです。ただしこの時に独断で決めてしまうのはやはり色々と問題がありますので、病院を変更するにしてもそこの医者に相談するかその他の頼れる人に話をしてから決める様にはするべきです。

鍵となる社会復帰

うつ病治療において難しい部分はそれぞれのものが治療できたとしても今度は社会に戻るのが難しい事であり、中にはそうした病歴を持って面接等で不利になる様な面もある程です。現在ではそうした部分にも理解が進んでいて改善は少なからずされ始めていますが、それでも全体的に見るとまだまだな面があり今もうつ病になった人達を苦しめる要因となっています。今後はそうした不利となる要素を取り除くといった活動が活発となってくると共に、各種の専門機関が主導で推し進めるといった事もまた大事な要素となってくるのです。そしてその機関の一つとして重要なのがそれらを治療に当たる病院側の協力でもあり、理解を広めるといった事に関してその知識を活かす事でより良い環境を提供する事も予想されてきます。しかしそれらが成されるまでにはまだ時間がかかる事も考えられるので独自の取り組みも重要で、各種の企業との連携によってうつ病患者を助けるといった仕組み作りが形成される事も活発となってくるはずなのです。

患者の能動的な姿勢が大切

病院

うつ病の特徴の一つに再発率の高さがあります。ですのでうつ病の治療に際しては一旦症状が治まっても医師からの指示があるまでは抗うつ剤の定期的な服用を続ける必要があります。また、うつ病の治療では病院の医師やスタッフとより的確でより正確な情報共有をできるように患者側が能動的に情報を発信する姿勢も重要です。

» 読んでみよう

心が落ち込む病気

男性

うつ病になると、自分自身の努力では落ち込んだ気分を浮上させることができなくなってしまいます。周囲の人から怠けているだけだと誤解されてしまうことが多いですが、頑張ってどうにかできるような病気ではありませんので、早めに病院を受診するようにした方がよいです。

» 読んでみよう

うつ状態の対処法

女性

うつ病になった場合は、仕事や家事を完全に休んで、病院の治療をしっかりと受けるようにすることが大切です。病気が完全に治っていない状態で仕事や家事がある生活に戻ってしまうと、うつ病をぶり返すおそれがあります。

» 読んでみよう

うつ状態から抜け出すには

頭を抱える男性

うつ病の原因ははっきりとは解明されていません。そのため、従来は薬物療法や心理療法が採用されるケースが多くなっていました。しかし、近年になり、うつ病は脳疾患の一種であるという考え方が浸透するようになり、脳に直接アプローチするような治療を行う病院が増えてきました。

» 読んでみよう

精神疾患の治療

病院

会社の人間関係や加重労働が原因でうつ病を発症してしまう人が少なくありません。従来は仕事をしながら病院に通ってうつ病治療を受ける人が多かったのですが、あまり治療効率がよくありません。そのため、今後は仕事を休職して治療に専念するケースが増えるのではないかと予想されています。

» 読んでみよう