うつ病は病院で治療しよう~悩み解消サポートセンター~

女性

患者の能動的な姿勢が大切

病院

高い再発率に要注意

うつ病の特徴の一つが高い再発率です。しかも一旦治まったうつ病が再発した場合、治まる前よりも重い症状になるケースも少なくありません。そのため、うつ病の治療のために病院に通院していると、症状が治まったとしても医師からは服用頻度や1回あたりの服用量を減らすことはあっても、抗うつ剤の服用は当面継続するように指示されるのです。それでも症状が治まってから一定期間を経過しても再発が無い場合、抗うつ剤の定期的な服用を止めても良いという診断が下されることになりますが、その後も当面経過観察が必要で、少しでも調子が悪くなった時には、すぐに病院で診察を受けることが大切です。うつ病が再発する要因には様々なものがあります。最初にうつ病を発症した時と同じようなストレスを被れば当然ながら再発の可能性は一気に高まります。その他にも一見因果関係が無いように思えますが、季節によって再発率が高まることもあり得るのです。例えば季節の変わり目や、最初にうつ病を発症した時期は、再発率が高まる傾向がありますので、より注意深く体調管理を行うことが大切です。

医師との情報共有が大切

また、うつ病の治療に際して大切なことが患者と医師との情報共有です。共有される情報がより的確で正確なものであるほど効果的な治療を受けることができるからです。だからこそ、患者は医師やスタッフに自分の症状について的確で正確な報告をするべく努力をするべきですし、医師やスタッフからの指示や説明に疑問を持った際には必ずその場で疑問を解決するように質問することが大切なのです。というのも、例えば、うつ病治療の中心となる抗うつ剤は症状などに応じて豊富な種類があります。その豊富な種類の中から患者ごとにどの抗うつ剤をどの程度服用するのが最適なのかを医師は医療面接での患者からの話を元に判断しなければなりません。しかし、特に初診で病院に来た患者に対しては最適な抗うつ剤を処方することはとても困難です。そのため、初診の際の抗うつ剤の処方は医師にとっても次回の受診の際に処方する抗うつ剤を判断するための参考にするというテスト的な意図があるのです。ですから、次回の受診の際により自分の症状に合う抗うつ剤を処方してもらうために、患者は初診の際に処方された抗うつ剤を服用した結果、症状にどのような変化があったかをより的確でより正確に医師に報告することが重要なのです。病院におけるうつ病の診察はこのように医療面接の形となりますので、患者の側が能動的により的確でより正確な情報を医師やスタッフと共有するという姿勢が重要になるのです。