うつ病は病院で治療しよう~悩み解消サポートセンター~

女性

心が落ち込む病気

男性

心の病の検査

やらなくてはならないことがあるとわかっていても、どうしても体を動かすことができなくなってしまう病気があります。それは、うつ病です。うつ病患者の多くは、何とも言えない鬱々とした重苦しい気分に肩までどっぷりと浸かってしまい、普通に生活することができなくなってしまいます。表面的にはどこも悪そうに見えないケースが少なくないため、周囲の人から怠け病だと誤解されてしまうことがしばしばあります。しかし、頑張りたくても頑張れなくなってしまうのがうつ病ですので、心のエンジンがかかりにくくなっていることを自覚している人は、早めに病院を受診して検査を受けてみるようにした方がよいです。病院の何科を受診すればよいのだろうと悩んでしまう人が多いですが、精神科や神経科、心療内科などがうつ病の治療を行っています。病院を受診すると、医師による詳細な問診を受けることになるのが普通ですが、最近では光トポグラフィー検査を実施する病院が増えてきました。光トポグラフィー検査は、心の状態を可視化することができる検査ですので、より的確な診断を受けることができます。

似たような病気

うつ病とよく間違われてしまう病気がいくつかあります。それは、自律神経失調症や双極性障害などです。自律神経失調症の場合は身体症状が中心となるケースが多いですが、ごくまれに落ち込みなどの精神障害症状ばかりが強く出てしまうことがあります。また、もともとは身体症状だけだったとしても、体調不良状態が長く続いていれば、精神にも悪い影響が出てきます。一方、双極性障害の場合は、躁期が極端に短かったり軽躁状態しか現れなかったりすると、抑うつ期のうつ状態ばかりが目立つようになります。そのため、本当は自律神経失調症や双極性障害にかかっているのにも関わらず、うつ病と診断されてしまうケースがとても多くなっています。しかし、先程少し触れた光トポグラフィー検査を受けるようにすれば、その波形パターンの違いによって、誤診断を回避できるようになります。うつ病と自律神経失調症や双極性障害とでは、病気を発症する原因も病態も異なっていますので、その治療方法も当然変わってきます。ですので、問診だけではなく光トポグラフィー検査も受けるようにするのが望ましいです。