うつ病は病院で治療しよう~悩み解消サポートセンター~

女性

うつ状態の対処法

女性

再発の可能性

うつ病になってしまう原因は、残念ながらいまだに解明されていません。うつ病という病気があること自体は昔からよく知られていますが、気分障害を主訴とする病気であるため、原因の解明が困難になっています。現実的なことを考えると、過剰なストレスや肉体疲労のために心身のバランスが崩れ、様々な症状が発生するケースが多いです。一概に言うことはできませんが、責任感が強い真面目な人ほどうつ病になりやすい傾向が見られます。そのような人は、たとえ心や体が悲鳴をあげていたとしても、それを無視して頑張ってしまいます。その結果、うつ病を悪化させてしまい、なおさら治療を困難にさせるという悪循環にハマり込みます。ですので、うつ病を治したい場合は、思い切って家事や仕事を長期間休むようにすることが非常に重要になります。もともと真面目な性格の人は、少しうつ病がよくなっただけですぐに元の生活に戻ろうとしてしまいがちです。しかし、中途半端な状態で仕事や家事を再開すると、すぐにうつ病をぶり返してしまいます。ですので、長期休養を取って病院に通院し、医師の了承が出るまでしっかりと休むようにすることがとても大切です。

心理療法

病院で行なわれているうつ病治療の方法は、薬物療法が中心になります。抑うつ感や不安感を軽減する効果のある良い薬がありますので、病院に行って投薬を受けるようにするとよいです。そうすれば、重苦しい気分を軽くすることができるようになります。ただし、強い副作用が出る場合がありますので、定期的に病院に通って、薬の量を調節してもらう必要があります。また、薬の服用によって症状が軽減したからといって、自己判断で通院や服薬を中止してはいけません。症状を安定させるためには、ある程度長期間に渡って薬を飲み続ける必要があります。ですので、病院の医師の指示にキチンと従うようにする必要があります。それなりの量の薬を飲み続けることになりますので、不安を感じてしまう人が少くありませんが、心理療法を併用することで、薬の量を減らせる可能性が出てきます。また、心理療法を受けることによって、うつ病になりにくい性格に変われる可能性があるため、多くの患者が薬物療法の他に心理療法も受けています。ただし、医療機関以外で心理療法を受ける場合は、健康保険が適用されません。